SDGs
持続可能な開発目標への取り組み

TOP 〉SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs

FKKとSDGs

私たち古林工業株式会社は、事業活動をとおしてSDGsで掲げられている課題解決に取り組み、社会への貢献をいたします。

すべての人に健康と福祉を

目標3 すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  • 従業員の健康管理のため、年に一度の健康診断、メンタルヘルスチェックの実施、また、産業医による定期的な健康相談を行っております。
  • 従業員の感染症予防に向けた取り組みをしています。具体的には、インフルエンザ予防接種の実施、玄関にアルコール消毒液の設置、ドアノブのアルコール消毒の実施などを行っております。
  • 年に一度、有志を募り団体で献血に協力しております。
質の高い教育をみんなに

目標4 質の高い教育をみんなに

すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

  • 従業員の階層別に様々な研修への参画を促し、幅広い知識や技術を身に付けられる体制を構築しております。
  • 現場での実践力をより早く身に付けられるよう、動画付きの作業手順書を随時作成しております。
  • 中学生による職場体験学習を実施し、地元中学生の就業体験の場と機会を提供しております。
ジェンダー平等を実現しよう

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

  • 男女問わず能力に応じた役職を与えられており、その能力を職場で発揮しています。
安全な水とトイレを世界中に

目標6 安全な水とトイレを世界中に

すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

  • 質の高い配管用継手の製造、販売を通じ水インフラ整備に貢献いたします。
エネルギーをみんなに そしてクリーンに

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

海の豊かさを守ろう

目標14 海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

山の豊かさも守ろう

目標15 山の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

  • 使用している営業車両に関して、低公害車(ハイブリッド車などの環境配慮型車両)を積極的に導入しております。
  • 事業所や社員寮、工場の照明設備をLEDに切り替えております。
  • 工場の屋根に太陽光発電システムを設置し、クリーンで地球環境にやさしいエネルギーを創出しております。
  • 環境への取り組みとして「EA21」の認定を受け、環境活動に取り組んでいます。
    「EA21(エコアクション21)」についてはこちら
働きがいも 経済成長も

目標8 働きがいも 経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

  • 各種厚生クラブ活動を通じ年代、部署を越えたコミュニケーションを促進しております。
  • 満60歳以降、勤務の継続を希望する従業員については、本人の希望を確認した上で、職場とのマッチングを行い継続して勤務ができるように調整いたします。
人や国の不平等をなくそう

目標10 人や国の不平等をなくそう

国内および国家間の不平等を是正する

  • ベトナムから外国人技能実習生を積極的に受け入れております。
産業と技術革新の基盤をつくろう

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

住み続けられるまちづくりを

目標11 住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

  • 溶接継手の製造販売を通じ、都市の建築物の面から社会に貢献いたします。
  • 工場周辺の清掃・植栽を実施しており、周辺の美化に努めるとともに地域美化に対する意識づけを行っています。
つくる責任 つかう責任

目標12 つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  • お客様の要求を満たす、質の高い製品を提供することで企業責任を果たします。
  • 製品の製造にかかる電気使用量や化石燃料使用量を抑え、廃棄物の削減に取り組んでいます。
  • 環境にやさしい資材や機器の購入、リサイクル、電気や水の消費量削減など、事業活動全般にわたって、常に環境負荷を軽減する努力を行っております。
ページのTOPへ